top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ハス (蓮)


写真@
@ ハスの群生 草津市立水生植物公園みずの森
ハスの群生 草津市立水生植物公園みずの森
Photo by Kohyuh 2007/07/22



写真A
A ハスの花 草津市立水生植物公園みずの森
ハスの花
草津市立水生植物公園みずの森
Photo by Kohyuh 2007/07/22



写真B
B ハスの花2 草津市立水生植物公園みずの森 Photo by Kohyuh 2008/07/21
ハスの花
草津市立水生植物公園みずの森
Photo by Kohyuh 2007/07/22



 ハス (蓮) *112 更新日 2014/08/17
ハス科
ハス属
 学名 Nelumbo nucifera
 英名 Lotus
 多年生 水性植物
 花期: 7-8月
by Wikipedia

【2007/07/23】
 この満開の花ハスの群落を見れば、誰しも感嘆の声を上げるに違いない。 足元から対岸まで、見渡す限り、ハス、ハス、ハスの花盛りであった。











草津市立水生植物公園みずの森
 夏になると、緑の葉が湖水を覆い淡紅色の花が次々と開き、約13haの湖面一面に花開く様はまさに壮観。 花蓮としては日本でも最大のスケール。 ここ烏丸半島だけで見られる光景です。

「草津市立水生植物公園みずの森」 のパンフレットより引用






大発見
 面白いことに気がついた。 私には、ハスの葉もスイレンの葉も同じように見えるのだが、撥水性が全く違ったのである。 ハスの葉に水滴を乗せると、まるで真珠の珠のように光って、ころころと転がる様は、良く見かけることである。


 ところが、スイレンの方は濡れてしまって、ぺちゃっと広がり転がることはない。 これは大発見に違いない。







英名の意味
lotus (1) 〔植〕 スイレン; ハス(蓮) a lotus bloom ハスの花
(2) 〔ギ神話〕 ロートス、ロートスの実
 その実を食べると浮世の苦しみを忘れ楽しい夢を結ぶと考えられた想像上の植物
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






不思議な東西文明の一致 2014/08/17 加筆
 英名の意味 (2) にある話しは、仏教でいう極楽浄土を想像する。 そして、「一蓮托生」 という言葉の語源が、『ともに蓮の花の上に生まれ変わって身を託す』 というとおり、極楽浄土のシンボル的な花である。


 泥水の中から生じて清浄な美しい花を咲かせることから、「蓮は泥より出でて泥に染まらず」 といった成句も、「なるほど」 と納得する。


 これは地域・宗教といった枠を越えて、また、洋の東西を問わず、ハスの花にはある種の聖性を感じていたということであろう。 また、聖性というのは、そんなものだ。

 cf. 同じ世界観 ・・・ 天国と極楽浄土
 cf. 聖地とは何か
 cf. 映画 「マグノリアの花たち」






【関連記事】
ハス科の仲間たち   
烏丸半島の花ハス 2007年度イベント












戻る






【履歴】
2014/08/17 「不思議な東西文明の一致」 の項加筆
2012/04/02 ロゴ追加更新
2008/08/11 写真B追加
2007/07/24 背景&スタイル変更
2007/07/23 野鳥アルバムから移動、スタイル変更











ハス (蓮) Lotus (Nelumbo nucifera) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾