top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
桜並木 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ムクゲ (木槿)


写真@
@ ムクゲ 花姿  八幡市 神応寺 2004/07/18 Photo by Kohyuh
ムクゲ 花姿  八幡市 神応寺
2004/07/18 Photo by Kohyuh



写真A
A ムクゲ 立ち姿  八幡市 神応寺 2004/07/18 Photo by Kohyuh
ムクゲ 立ち姿  八幡市 神応寺
2004/07/18 Photo by Kohyuh



写真B
B ムクゲ 葉姿  八幡市 神応寺 2004/07/18 Photo by Kohyuh
ムクゲ 葉姿  八幡市 神応寺
2004/07/18 Photo by Kohyuh



 ムクゲ (木槿) *115 更新日 2012/03/31
アオイ科
フヨウ属
 学名 Hibiscus syriacus
 英名 Rose of Sharon
 落葉低木
 花期: 7-10月
by Wikipedia

【2007/09/18】
 広辞苑にあるように、ムクゲの花は朝方に開いて夜しぼむ一日花である。 それでも、全体的に見れば、いつまでも咲き続けているように見えるのである。







内在する意思
 一つ一つの花の命は短くても、ムクゲに内在する、"咲き続けようという意思" が花芽たちにも伝わり、勝手に咲き競うのではなく、咲くべき時と目的を理解し、それを誠実に引き継いでいるからであろう。


 誠実な心 sincere heart と 永続性 long lasting は、ムクゲのシンボルであり、真骨頂である。 それが、韓国では無窮花 むきゅうか と呼ばれて親しまれているところであろうか。 そして、この読みが和名のムクゲに転じたとも言われている。








木槿・槿 むくげ
 アオイ科の落葉大低木
 インド・中国の原産で、日本で庭木・生垣として広く栽培
 高さ約 3メートル。 枝は繊維が多く折れにくい。
 夏から秋にかけて一重または八重の淡紫・淡紅・白色などの花をつけ、朝開き夜しぼむ。 白花の乾燥したものを胃腸カタル・腸出血などに煎じて用いる。
 古くは「あさがお」といった。
 大韓民国の国花
 別名: はちす、きはちす、ゆうかげぐさ、もくげ。
 「広辞苑 第四版」 より引用






学名の意味】 *112
Hibiscus
syriacus
  




英名の意味】 
Rose of Sharon シャロンのバラ
rose 1 〔植〕 バラ
 There's no rose without a thorn.
 《諺》 とげのないバラはない 《世に完全な幸福はない》
2 バラの花
 (解説 キリスト教では白バラは純潔・美・貞節など、 赤バラは殉教の象徴; イングランドおよび米国の国花)
Sharon 〔聖〕シャロン平野:
 古代パレスチナの肥沃な平野 (現在のイスラエル南部)
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
  by 小学館 プログレッシブ 英和中辞典






【関連記事】
アオイ科の仲間たち  












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2007/09/18 初版リリース











ムクゲ (木槿) Rose of Sharon (Hibiscus syriacus) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾