top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ツリフネソウ (釣舟草)


写真@
@ ツリフネソウ (立ち姿)  京都市 鹿ヶ谷 2004/10/11 Photo by Kohyuh
ツリフネソウ (立ち姿) 京都市 鹿ヶ谷
2004/10/11 Photo by Kohyuh




写真A
A ツリフネソウ (花姿)  京都市 鹿ヶ谷 2004/10/11 Photo by Kohyuh
ツリフネソウ (花姿) 京都市 鹿ヶ谷
2004/10/11 Photo by Kohyuh



 ツリフネソウ (釣舟草) *112 更新日 2012/04/02
ツリフネソウ科
ツリフネソウ属
 学名 Impatiens textori Miq.
 英名 
 一年草 草本
 花期: 8-10月
 

2007/07/30
 ツリフネソウを見たのがこのときが初めてであった。 花片が折れ曲がっているのに気付かずに写真に収めたが、今思えば残念だ。

 手で元通りに直せた筈であるからだ。 また、横から見ると帆をかけた舟をつるしたように見えるというから、是非見てみたい。 それ以来、出逢っていない。 再会が楽しみな花である。










釣舟草 つりふねそう
ツリフネソウ科の一年草
は高さ 30〜50cm 軟質で多汁
葉は有柄互生、楕円形。
晩夏に花序を出し、赤紫色の美花を細い花柄の先に垂らす。
筒形の花冠の後端は距 きょ となり、 先が反曲して巻き、舟に似る。
日本各地の山地水辺に群生
ホウセンカは近縁種
 「広辞苑 第四版」 より引用


名前の由来
ツリフネソウは、広辞苑の解説にあるとおり、その花の形に由来する。
引用 *112




学名の意味】 *112
Impatiens 属名 "不忍耐" という意味という。 それは、そのさく果が熱すると急にさけるため。
textori 種名 旧幕末時代に来日し、日本の植物を採集した Textor の名による。
  






【関連記事】
ツリフネソウ科の仲間たち  
大文字山と銀閣寺 2004年度イベント












戻る






【履歴】
2012/04/02 ロゴ追加更新
2007/07/30 野鳥アルバムから移動、スタイル変更











ツリフネソウ (釣舟草) (Impatiens textori) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾