top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
桜並木 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ナンキンハゼ (南京黄櫨)


写真@
@ ナンキンハゼ 花の頃 八幡市 大谷川  2004/07/01 Photo by Kohyuh
ナンキンハゼ 花の頃 八幡市 大谷川
2004/07/01 Photo by Kohyuh



写真A
A ナンキンハゼ 紅葉姿 八幡市 男山  2007/11/09 Photo by Kohyuh
ナンキンハゼ 紅葉姿 八幡市 男山  2007/11/09 Photo by Kohyuh



写真B
B ナンキンハゼ 幹姿 八幡市 男山 2007/11/09 Photo by Kohyuh
ナンキンハゼ 幹姿 八幡市 男山
2007/11/09 Photo by Kohyuh




写真C
C ナンキンハゼ 実姿 八幡市 男山 2007/11/09 Photo by Kohyuh
ナンキンハゼ 実姿 八幡市 男山
2007/11/09 Photo by Kohyuh



 ナンキンハゼ (南京黄櫨) *115 更新日 2012/03/31
トウダイグサ科
シラキ属
 学名 Sapium sebiferum
 英名 Chinese Tallow Tree
 高木 落葉樹
 雌雄異花同株
 花期: 6〜7月
 果期: 10〜11月 

 庭や公園などいたるところにある。 また、秋になると鈴なりになった白い実を キジバト が啄ばむ姿もよく見かけたものだ。












なぜ、南京なのか?
 中国原産であるから、"南京" という冠がついたのであろうが、何故、"北京" や "広東" といった冠がつかなかったのだろう。 今でこそ、北京の方が知名度が高いが、昔は南京の方が、日本では知名度が高かったのではなかろうか。

 実際のところ、南京といわれても、今の私は、具体的にはどのあたりのことかさえ、よく分からない。 ところが、なんきんかぼちゃ、南京豆、南京錠、それに知る人ぞ知る、南京虫など、色々と列挙できるものだから不思議である。 逆に、北京や広東の冠がつくのは、料理の名前ぐらいしか思いつかない。

 要するに、"京都と東京" や "トゥールーズとパリ" のような、歴史的な背景があるような気がするのである。 "かって、経済的・文化的に優位だったところと、後から政治的に優位になったが、かっては片田舎だったところ" のような関係を思い浮かべるのである。

 それでも、ナンキンハゼは暖かい地方を好むというから、なんだらかんだらでは無く、単に南京地方が原産地ということかも知れない。






なぜ、ハゼなのか?
 ナンキンハゼと言うからには、南京原産のハゼ(ハゼノキ)の種類と思ってしまうがそうではない。 それが、何の血縁関係があるわけではないのである。

 ハゼノキは、ウルシ科ウルシ属であるから、葉も実も似ていない。 ただ、似ているところは、秋に紅葉するところと、その実からロウをとったところである。

 めんたいこ (明太子) のことを、むかし、"明 みん の鯛の子" という意味で売っていたという話を聞いたことがあるが、外国語を冠にすれば、どんなこじつけでも、なんとなく受け入れてしまうようである。







南京黄櫨 なんきんはぜ
トウダイグサ科の落葉高木
 中国原産で庭木・街路樹とする。 高さ約 6m
 葉は三角状広卵形で先端がとがり、秋、紅葉する。
 春・夏の候、総状花序 に雄花を、その脚部に雌花をつけ、秋に球形の朔果
さくか を結ぶ。
 根皮を乾かして利尿剤・瀉下剤とする。
 種子から得た脂肪を烏臼
うきゅう 油といい、石鹸・蝋燭の原料とし、腫物・皮膚病に外用する。
広辞苑第五版から引用







ナンキンハゼ (花)
ナンキンハゼ (花) Photo by Kohyuh
 雌雄異花同株 しゆういかどうしゅ
 ナンキンハゼの花は、"雌雄異花同株" というよう形態である。 わざわざ "雌雄異花" と言わなくても、雌雄の花が同じであるはずがない。

 だから、雌雄同株と呼んで、"異花" を省略しても何ら問題はない。 実際に、多くの図鑑でもそうしている。

 しかし、"雌雄同株" から私が連想するのは、雄花と雌花が別々の場所に咲くようにイメージするのである。 例えば、アレチウリ のように。

 ところが、このナンキンハゼは、一つの 花序 の上部に雄花を多数つけて、その基部の方に雌花を数個つけるというものである。

 そのちょっとしたニュアンスの差を "雌雄異花同株" という言葉が上手く伝えていると私は思うのである。











果実
 写真Aに見られる黒い実は、朔果 さくか であり、やがて、その堅そうな果皮は裂開して脱落し、写真Cのように、3個の白い種子が顔を出す。 この白い部分は、ロウ質で 仮種皮 であり、この内側に本当の種子がある。

 キジバトは、この白い実を丸ごと食べているようであるが、当然、種子は消化されずに排出されるから、典型的な動物散布形といえる。








【英名の意味】
Chinese 中国(製、産、人、語)の
tallow 獣脂 《ろうそくを作る》
tree 樹木、(立ち)木、高木
【類語】
 tree は通例10フィート以上の高さの木;
 shrub, bush は低木;
 wood は木材
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




【関連記事】
トウダイグサ科の仲間たち  












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2007/11/16 初版リリース











ナンキンハゼ (南京黄櫨) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾