top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
田起こしの頃の戸津・内里 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|






 ウリ科
メニューへ戻る ウリ科 Cucurbitaceae 合弁花類 Sympetalae


 
ウリ科 Cucurbitaceae の特徴 *112 引用

・約 100属 800種あって、主として熱帯に分布する。
・巻ひげのあるつる草、または少し木質の植物で、普通は、粗毛があってざらつく。
は単性で、放射相称となる。
がく は筒型。
花冠は、合弁で車状または高盆状となる。
おしべは、いろいろに合生し、やく はしばしば曲がる。
・め花のがく 筒は長くて、子房を合生する。
子房は 3個のたい座があって、中央部で接し、多数の胚珠をもち、のちにうり果を結ぶ。


 



 和名 学名 英名 
アレチウリ Sicyos angulatus Bur cucumber
カラスウリ Trichosanthes cucumeroides ???




ホームに戻る









ウリ科 合弁花類 科名別検索 - 旅先の草花たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾