top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
ヤブカラシ (藪枯らし)


写真@
@ ヤブカラシ 花姿  八幡市 大谷川 2004/06/30 Photo by Kohyuh
ヤブカラシ 花姿  八幡市 大谷川
2004/06/30 Photo by Kohyuh



写真A
A ヤブカラシ 葉  八幡市 大谷川 2004/06/01 Photo by Kohyuh
ヤブカラシ 葉  八幡市 大谷川
2004/06/01 Photo by Kohyuh



写真B
B ヤブカラシ 立ち姿  八幡市 かわきた運動公園 2007/08/26 Photo by Kohyuh
ヤブカラシ 実  八幡市 かわきた運動公園
2007/08/26 Photo by Kohyuh



 ヤブカラシ (藪枯らし) *112 更新日 2012/04/02
ブドウ科
ヤブカラシ属
 学名 Cayratia japonica
 英名 
 多年草 つる生
 花期: 7-9月

【2007/08/25】
 ヤブカラシの花には、アオスジアゲハ など、蝶が蜜をよく吸いに来るので私は好きである。

 その蜜も花弁で隠されることなくむき出しになっていて、何やら舐めて甘そうな感じがする。 ところが大変な嫌われ者であるらしい。








 
悪い雑草?
 ヤブカラシはがよくのびて樹冠をおおい、木をいためるためで、その根茎は切断されれば、到るところから芽を出して増える、悪い雑草の一つとなる。 *112  


 一般的な風潮を述べていると思うのであるが、植物図鑑が特定の植物のことを悪く書いてどうする。 良いや悪いは、利害関係のある者のいうことであろう。


 例え自宅の庭の木が被害を受けていたとしても、それは個人的なことである。 科学的な立場に立って見ても、百害あって一利無しというのならともかく、少なくとも蝶にとってはなくてはならない存在と思うからだ。 



 葉には特徴があり、鳥足状に 5個の小葉に分かれて柄をもつ。






藪枯らし やぶがらし
ブドウ科の多年生蔓草
路傍・空地などに生える雑草
二岐
ふたまた になった巻鬚 まきひげ で樹木などに巻きついて茂り、往々それを枯らす。
葉は 5小葉から成る複葉
若葉は紫褐色であるが、のち淡緑色に変る。
夏、葉腋に黄緑色の小四弁花を多数散房花序につけ、のち黒色・球形の液果を結ぶ。
別名: ビンボウカズラ、 ビンボウヅル
広辞苑第五版から引用


液果 (えきか)乾果
ミカン・ブドウ・スイカなど、果皮が肉質で果汁の多い果実の総称。 多肉果。
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997


乾果 (かんか)液果
成熟すると果皮が乾燥する果実の総称。
ダイズなどの豆類、イネなどの穀類、ドングリ・アサガオなど。
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997








学名の意味】 *112
Cayratia 属名の Cayratia は、アンナン語の土名 Cay rat に由来する。
japonica 日本の
  







【関連記事】
ブドウ科の仲間たち  












戻る






【履歴】
2012/04/02 ロゴ追加更新
2007/08/25 初版リリース











ヤブカラシ (藪枯らし) (Cayratia japonica) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016  Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾