top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
キュウリグサ (胡瓜草)


写真@
@ キュウリグサ 花姿 八幡市 男山 2008/10/13 Photo by Kohyuh
キュウリグサ 花姿  八幡市 男山
2008/10/13 Photo by Kohyuh




写真A
A キュウリグサ 花姿 八幡市 男山 2011/05/04 Photo by Kohyuh
キュウリグサ 花姿 八幡市 男山
2011/05/04 Photo by Kohyuh




写真A
B キュウリグサ 葉姿 八幡市 男山 2011/05/04 Photo by Kohyuh
キュウリグサ 葉姿
八幡市 男山 2011/05/04 Photo by Kohyuh



 キュウリグサ (胡瓜草) *124 更新日 2012/04/02
ムラサキ科 Boraginaceae
キュウリグサ属 Trigonotis
 学名 Trigonotis peduncularis
 英名 Cucumber herb
 二年草
 花期: 3 - 5月

 図鑑 *124 には 『葉を揉むとキュウリの香りがする道ばたの雑草』 とある。 試してみたが大して感じなかったのは、育ちの場所が関係しているかも知れない。

 サツキの植込みの下に繁茂するドクダミの中にあったから、葉っぱもどこか弱々しい。






 小さく、うすい空色の花だが、どうしてなのか、不思議に自然と目に入る。 拡大して見ると、さらに愛着が湧いた。 また、冒頭から雑草とされているが、清楚な花としてこよなく愛でる人もいるようだ。


 植物にはよくだまされる。 このキュウリグサの 5枚に見える花びらは、基部で全部繋がっているという合弁花特有の形態らしい。 要するに、朝顔の花びらが5個に切れ込んだように思えばよいのだろう。




雑草 ざっそう
@ 農耕地で目的の栽培植物以外に生える草や、管理地内に生える草で、それが管理者に好まれないものをいう。
A 自然に生えるいろいろな草をいう。 すなわち野草のこと。
広辞苑第六版より引用

補追
 "野草" と "雑草" は表裏一体の言葉である。 例えば、同じ草なのに、生える場所によって呼び名が変わることがあるからだ。

 要するに、@ に該当する場合は、"雑草" と呼ばれて駆除の対象となるだろう。 ところが、@ に該当しなければ、"野草" と呼ばれて、愛でる人も多々いるだろう。 ・・・ 思うに、万人に疎まれる草などないと言えるのではなかろうか。

 cf. 悪い雑草?
 cf. 愛してくれるもののために咲く
 cf. 余談; 雑草の駆除
 cf. 生き残り戦略
 cf. 雑草の鏡
 cf. エスケープ雑草
 cf. 雑草もいろいろ
 cf. 悪もいろいろ
 








学名の意味 *112
Trigonotis "三角" + "耳" で、その分果の形に由来する
peduncularis "花に柄のある" という意味



英名の意味
cucumber [植]キュウリ (ウリ科)
herb [草] 薬用植物、食用 [香料] 植物
by パーソナル英和辞典より引用



【関連記事】
ムラサキ科の仲間たち サムネイルで一覧表示







戻る




【履歴】
2012/04/02 初版リリース
2012/04/01 ロゴ追加更新











キュウリグサ (胡瓜草) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016  Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾