top
 八幡次郎好酉プロフィール
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
アカカタバミ (赤片喰)


写真@
@ アカカタバミ 花姿 八幡市 男山 2007/10/03 Photo by Kohyuh
アカカタバミ 花姿 八幡市 男山
2007/10/03 Photo by Kohyuh



写真A
A アカカタバミ 立ち姿 八幡市 男山 2007/10/03 Photo by Kohyuh
アカカタバミ 立ち姿 八幡市 男山
2007/10/03 Photo by Kohyuh



 アカカタバミ (赤片喰) 更新日 2012/03/31
カタバミ科
カタバミ属
 学名 Oxalis corniculata rubrifolia
 英名 ???
 多年草
 花期: 7-10月
by Wikipedia

 カタバミであるが、や葉が赤いものを、特に "アカカタバミ" と言うそうである。 カタバミの亜種である。 また、黄色い花の中央部に赤い輪が見えるのが特徴という。

 cf. 亜種名の表現







余談; 雑草の駆除
 まだ、このアカカタバミの名前を知らなかった頃、もう何十年も前のことになるが、雑草の駆除に取り組んだことがある。

 実は、もう何回も、それに挑戦していたのであるが、すべて徒労に終わったのだった。 雑草の勢いについて行けなかったのである。


 そこで私も考えた。 一メートル四方の区画だけでも、芝生を蘇らそうと決めたのである。 そうすれば力を集中出来るから、いかなる雑草といえども、私の勢いに勝てる筈がない、と思ったのである。 毎週、土日をつぶして数時間、雑草取りに精を出したものだった。

 その区画の中の雑草は直ぐ取り除くことが出来た。 ただ単に、取り除くだけで済むものではない。 要は、芝生の再生を待たねばならない。

 ところが芝生の再生より、雑草の再生の方が桁違いに速いものである。 それでも私の雑草駆除の勢いには勝てななかった。 生えてくるものを瞬く間に駆除したものだった。 春ごろから始めて夏の暑い盛りの頃には、私の定めた一区画だけは、芝生が整ってきた。

 それまで、気にはなっていたのであるが、その区画と隣接するか、少し食い込んでいるエリアに、このアカカタバミの群落があったのである。




 緑色の雑草なら手を出さなかったのであるが、このアカカタバミは目障りであったから、バリバリと引き抜いたものだった。 30センチ四方ほどの群落であったから、私の勢いには勝てない。


 ところが翌週になって見ると、形が少し小さくなったが、元通りの赤っぽい群落があった。 この前は、適当に葉っぱだけ抜いたから失敗したと思って、今度はを辿って、地上部にあるものを綺麗に取り除いた。

 もちろん根を駆除しなければならないことは知っていたが、掘り返しても根があるようには見えなかった。 また、翌週になって見ると、形は更に小さくなっていたが、その数は数倍増していた。 占有面積は変わらない。 要するにねずみ算的に増えていたのである。

 こういうことを何回か繰り返していくと、遂には、ピンセットでも使わなければ摘まめないほど小さくなって、星の数ほどにも増えていた。 もう、とてもヤル気がしない。 さすがの私も降参した。



 今こうして見れば、なかなか可愛い奴である。 それが、コンクリートの割れ目に数株だけしかない。 また、この状態では、勢力拡大は無理であろう。

 かって私が奮闘したところは、今は緑色の雑草に変わっていた。 年に何回か、機械の刈り込みが入り、雑草も遠目には芝生に見える。







学名の意味 *112
Oxalis カタバミ類
Oxalis は、古いギリシャ語で、"酸味がある" という意味を持つ。
corniculata "小さい角がある" という意味
【補注】
 属名・種名の2名式としての学名は、カタバミと同じである。 ただし、亜種としての学名が、この後に続くが、そこまで知りたくない。



英名の意味
???   
 



【関連記事】
カタバミ科の仲間たち
名前の由来: カタバミ 本当かな?
カタバミの就眠運動 夜には葉を閉じて眠る










和名別検索へ戻る



【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2008/03/31 スタイル統一
2007/10/27 初版リリース











アカカタバミ (赤片喰) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾