top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
田起こしの頃の戸津・内里 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|








サトイモ科 (サムネイル) サトイモ科
メニューへ戻る サトイモ科 Araceae 単子葉類 Monocotyledoneae

 
サトイモ科 Araceae の特徴 *112 引用

・世界: 100属、約 1500種
 熱帯に多い多年草
・花は無柄で、肉質の花茎の表面につき、肉穂花序をつくる。
・花序の基部に大型の仏炎苞がつく。
・雌雄同株で両性花、または、おしべ1個、めしべ1個からなる単性花。
・花被片は小型か、または、ない。
・子房は1〜3室。
・果実は液果状。
・種子は1〜数個。

 



和名 学名 英名 
ウラシマソウ Arisaema urashima





ホームに戻る









八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾