top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
田起こしの頃の戸津・内里 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|








ヒルガオ科のサムネイル一覧へ スミレ科
メニューへ戻る タデ科 Polygonaceae 離弁花類 Choripetalae

 
タデ科 Polygonaceae の特徴 *112_p115 引用

・世界: 30属、800種 日本: 3属、78種
・多くは草本で、稀に低木
互生、まれに対生托葉はさや状
・花は包の葉えきに 1個または束になってつき、しばしば穂状または総状の花序をつくり、両性、まれに単性、放射相称である。
花被片はがく片状または花弁状で、 4-6個あり、1-2列にかわら重ね並ぶ。
果実そう果で、花被に包まれており、果皮はかたい。
果皮は膜質、胚乳は粉質で多い。
は曲がっていることが多い。


 



和名 学名 英名 
アキノウナギツカミ (秋の鰻つかみ) Polygonum sieboldii ???
イヌタデ (犬蓼) Polygonum longisetum ???





ホームに戻る









八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾