top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
イヌタデ (犬蓼)


写真@
@ イヌタデ 立ち姿 八幡市 背割堤  Photo by Kohyuh 2007/11/15
イヌタデ 立ち姿 八幡市 背割堤
Photo by Kohyuh 2007/11/15



写真A
A イヌタデ 葉姿 木津市 当尾の里  Photo by Kohyuh 2004/09/19
イヌタデ 葉姿 木津市 当尾の里
Photo by Kohyuh 2004/09/19



写真B
B イヌタデ 花姿 木津市 当尾の里  Photo by Kohyuh 2004/09/19
イヌタデ (花姿) 木津市 当尾の里
Photo by Kohyuh 2004/09/19




写真C
C イヌタデ 花姿 木津市 当尾の里  Photo by Kohyuh 2004/09/19
イヌタデ (花姿) 木津市 当尾の里
Photo by Kohyuh 2004/09/19



 イヌタデ (犬蓼) *112 更新日 2012/03/31
タデ科 Polygonaceae
タデ属 Polygonum sensu
 学名 Polygonum longisetum
 英名 ???
 1年草
 花期: 7-11月
by Wikipedia

 「蓼食う虫も好きずき」 ということわざは有名であるが、ここでいうタデは、本蓼のことで、ヤナギタデと言うそうである。

 私がかって釣り師 (自称) だった頃、師匠格の同僚が、必ずどこからか見つけてきては、お土産に持たせてくれたものだった。

 もちろん、鮎釣り行のときである。 鮎の塩焼きをタデ酢で食べることを教えてくれた。








タデ酢で食べる
 それこそタデ酢で食べるのも好きずきではあるが、私は好きであった。 つけ皿に酢をたらし、その中にタデの葉をすり下ろしたものを、薬味代わりに加えるだけのものである。

 このタデのあるなしで、鮎の塩焼きの味が、まったく違うものになる。 それに、なぜか鮎にしか合わない気がするのである。 それに、タデ酢でなければならないし、タデ醤油では食べる気がしない。



 そのタデを自分でも手に入れたくて、教えてもらったのであるが、それこそ河原のあちこちに雑草のごとくにあったから、"なぁーんだ、目の前にあったんだ" と思って安心したのを覚えている。

 それが、毎年のことであったから、さすがの私も聞くのが恥ずかしくなり、自分で探そうと考えるようになった。 ところがその後、自分で探すとなると、見つからないものである。

 その内に記憶も薄れて、今やまったく覚えていない。 その味も忘れてしまった。 というのも、ついに釣り師に成り切れず、引退して、もう何十年にもなろうか。

 最近は、鮎も口にしていないし、魚屋で売っているものは食べる気もしないし、そうかといって、料亭で食べるには、先立つものがない。 図鑑には、噛むとぴりっと辛いと書いてあるが、"そうだったかな?" とも、何とも、思い出せないのである。


 話が長くなってしまったが、要するに、イヌタデは、この本蓼のように、ぴりっと辛くないそうである。 そういう訳で、"役に立たない蓼" という意味で "イヌ" の冠がついた。

 cf. どうしてイヌなのか






赤まんま
 イヌタデの別名を "赤まんま" といって、赤飯に見立てて、ままごと遊びをした人は幸いである。 悲しいかな、私は記憶がない。

 今からでも遅くはないだろうが、ゴザを敷いて一緒に遊んでくれる人が果たしているであろうか、と思う今日この頃である。 ・・・ できるものなら初恋の人がいいな ・・・






犬蓼 いぬたで
 タデ科の一年草
 山野に普通で、高さ約 30cm の基部の鞘状の托葉を囲む。
 夏から秋、葉腋頂に紫紅色の小花が穂をなす。
 アカマンマ、アカノマンマ
by 広辞苑第五版から引用








蓼の虫は蓼で死ぬ 2007/11/17追加
 「蓼を食う虫は、蓼の辛いのが好きで、他に甘い草があっても、そちらに移らない。 習い覚えた職業を一生続けて、他の職業に移ることを知らぬたとえ」 である。 また、同じような意味で 「蓼の虫 葵に移らず」 ということわざもあるそうである。 ※3


 "本タデ" は大人に好まれ、"イヌタデ" は子供に人気がある。 それを勝手に、役立たずという意味の "イヌ" という冠をつけること自体、このことわざの例えどうりであろう。 見る目が狭い。



 楽しかった子供時代が誰しもあった。 それが社会にでると、辛いも甘いも、酸っぱいも塩っぱいも、否応なく分ってくる。 それでも、おいそれと職業を変えることは出来るものではない。 ことわざのようには行かない。

 ただ、常に気をつけていなければならないと思うのは、その感受性が麻痺してしまう可能性があるといことである。

 人は成長とともに、いろんな形の権力も手にしていくものだ。 組織の中の地位といったことに限らず、腕力といったものまで権力という名に値するであろう。 子供から見れば、大人であるということ自体が、権力の塊に見えるだろう。







 
徂徠豆腐 そらいどうふ
 先日、ちょっとしたきっかけで、"徂徠豆腐 そらいどうふ" という落語のあらすじを知った。 赤穂浪士の切腹を幕府に進言した荻生徂徠に関する人情話である。 巷では、『なんてぇーひでぇーことをするもんだ』 と噂された人物である。


 その話の中で、徂徠が 『武士の差している大小の2本の刀は、何のためか』 と語る場面がある。
  ・大の方は人を斬るため
  ・小の脇差は、己で己を斬るため
 というものである。



 思うに、『権力 (大刀) を行使する限りは ・・・ その結果においては ・・・ 死ぬ覚悟の決断でなければならない』 というものである。 ただ、死ねばよいというものではない。 打ち首ではまったく意味がない。



 彼はもと、この貧乏長屋で食うや食わずの苦学生だったのだが、ご近所からの豆腐の差し入れでどうにかやっていけたのである。

 それがある日、挨拶もなく忽然と姿を消して久しくなった後、幕府の重鎮となってみんなの前に現れたのである。 『それも、ひでーことをした』 という噂の張本人として ・・・

 それが ・・・ 深く考え抜かれた情けある徂徠の決断だったことが、次第にわかってくるという話である。


 即ち、権力行使は、"誰に恥じるものではない" ということでなければならない。 日本が "恥じの文化" と評されたのも、この "武士の大小を差す心構え" から来ているように思う。

 昨今では、それを、"自分に恥じなければ良い" と勝手に解釈しているのではなかろうか。 大違いである。 最近のニュース見て、この徂徠豆腐のことが思い出された次第である。






学名の意味】 *112
Polygonum 属名は、polys (多くの) + gonu (節) から出来ていて、本属植物のにはふくらんだ節があるため。
longisetum ongisetum は、"長い刺毛を持っている" の意味
  




英名の意味
??? 
???
 



【関連記事】
タデ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2007/11/17 「蓼の虫は蓼で死ぬ」 追加
2007/11/16 初版リリース











イヌタデ (犬蓼) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017  Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾