top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ヤブカンゾウ (藪萱草)


写真@
@ ヤブカンゾウ (花姿) 八幡市 木津川右岸 2004/07/04 Photo by Kohyuh
ヤブカンゾウ (花姿) 八幡市 木津川右岸
2004/07/04 Photo by Kohyuh



写真A
A ヤブカンゾウ (草姿) 八幡市 木津川右岸 2006/08/01 Photo by Kohyuh
ヤブカンゾウ (草姿) 八幡市 木津川右岸
2006/08/01 Photo by Kohyuh



写真B
B ヤブカンゾウ (若葉) 八幡市 木津川右岸 2006/03/19 Photo by Kohyuh
ヤブカンゾウ (若葉) 八幡市 木津川右岸
2006/03/19 Photo by Kohyuh



ヤブカンゾウ (藪萱草)  更新日 2012/04/02
ユリ科 Liliaceae
ワスレグサ属
学名 Hemerocallis fulva var. kwanso
英名 
 多年草
 花期: 7-8月
by Wikipedia

【04/11/28】
 初めてヤブカンゾウを観た。 木津川右岸も、この頃には、花を咲かせているものは、極めて少ない。 真夏で暑いからに違いない。

 所々に、赤いハンカチを落としたように、目立っていた。 それも、アイロンがかかっていない、使い古しのものみたいだ。







 もうちょっと、気をつけて咲いたらいいのに、そうしたら、浮いた感じもなくなるのに、と余計な心配をしてしまった。 夏だから、このくらいでないと、誰も気がついてくれないのかも知れない。 暑くて、散歩どころではないからね。


 別名を、「ワスレグサ」 といって、この花を見て、憂いを忘れると言う故事があるらしい。 そうかも知れない。 観れば観るほど、大輪で見事な創りだ。

 このくそ暑い時期に、これだけ、「いい仕事をしている」 ことに、まず驚く。 何がそうさせるのか、他の花は、皆くたばっているのに、大した見返りもない筈なのに、などと考えていると、日ごろの憂いも、小さい小さい。  若葉や花の蕾は食用になるらしいが私は食べたことがない。





萱草の意味

(ケン、かや))
【字義】 わすれぐさ、かんぞう、忘憂草
 訓読みの 「かや」 は、"かや" "すすき" を指す。

【補注】
 ヤブカンゾウが藪 (やぶ) と冠するのは、ノカンゾウ (野萱草) よりも人里に近いところで咲くからという。
角川漢和中辞典から引用




藪萱草 (やぶかんぞう)
ユリ科の多年草。
カンゾウの一変種で、原野に自生。 高さ約八○センチメートル。 根は黄色、末端は往々塊状となる。 葉は狭長。 夏、頂にユリに似た橙赤色の八重咲きの花を一日だけ開く。 若葉 は食用。 ワスレグサ。 カンゾウナ。 萱草 (ケンゾウ)。
広辞苑第四版から引用
 cf. ユリ科の花




忘れ草・萱草 (わすれぐさ)
@ ヤブカンゾウの別称。
 身につけると物思いを忘れるという。 <季・夏> 万四 「―吾が下紐につ けたれど」
A うさを忘れさせるもの。 忘れ種 (グサ)
B 煙草の異称。 のめば憂いを忘れるからいう。
広辞苑第四版から引用




学名の意味】 *112
Hemerocallis ワスレグサ属
【ギ】 Hemerocallis は、"一日の美しさ" という意味で、花が一日で萎むため
fulva 種名の fulva は、"茶褐色の" という意味







【関連記事】
ユリ科の仲間たち サムネイルで一覧表示
   










戻る






【履歴】
2012/04/02 ロゴ追加更新
2007/08/13 統合化のため八幡の野草から本文を移動











ヤブカンゾウ (藪萱草) (Hemerocallis fulva var. kwanso) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾