top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
桜並木 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ヤマブキ (山吹)


写真@

ヤマブキ (花・葉)  男山 八幡市
2010/04/21 Photo by Kohyuh



写真A

ヤマブキ (花・葉)  男山 八幡市
2010/04/21 Photo by Kohyuh




写真B

ヤマブキ (花・葉)  男山 八幡市
2010/04/21 Photo by Kohyuh



 ヤマブキ (山吹) *112 *124 更新日 2012/03/31
バラ科 Leguminosae
ヤマブキ属
 学名 Kerria japonica
 英名 Japanese rose
 落葉低木
 花期: 4-5月

 【2011/04/29
 『七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき』 の和歌は、太田道灌の出来過ぎた逸話がなければ、これほど有名にはならなかっただろうといわれている。

 





八重が好き?
 季節がら、男山でヤマブキの花が目についたので写真を撮ったのだが ・・・ 八重のものであった。 それで気がついた。 八重があるのなら一重もあるだろうと思って、かって撮り置きの写真を見直すことにしたのである。 やはり思ったとおり ・・・ 昨年のものだったが ・・・ 一重のものが見つかった。


 好みは人それぞれだろうが、私はどちらかというと、桜の場合はその種を問わず、一重の方が好きだ。 ところが ・・・ あらためてヤマブキはどうかと問われれば ・・・ 迷わず八重に手を挙げるだろう。

 それは立ち姿の違いによるものと思うのだ。 要するに、桜のような高木では、その圧倒的な花数が、余計に八重のもつ厚ぼったさが目立ちすぎて、それが圧迫感をともなうような気がする。


 一方、ヤマブキの場合は低木だから、その立ち姿は舞妓さんの日本髪を見る思いがする。 花は、その髪飾りのようなものだろう。 あでやかな、大きなかんざしがお似合いだ。

 そして、冒頭の和歌にも歌われた平安の時代から、「実のならない八重山吹」 が愛でられて来たことを考えると、あながち私の独りよがりでもなかろう。






学名の意味】 *112
Kerria スコットランドの植物学者ウィリアム・カー William Kerr に由来する。
このヤマブキ属は、本種のみの一属一種という
japonica 日本の
by Wikipedia




英名の意味
Japanese 日本の
rose 【植】 バラ
パーソナル英和辞典より引用



【関連記事】
バラ科の仲間たち サムネイルで一覧表示












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2011/04/29 初版リリース











ヤマブキ (山吹)  (Kerria japonica f. plena) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾