top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
桜並木 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ヤエヤマブキ (八重山吹)


写真@
@ ヤエヤマブキ 花姿 男山 八幡市 2011/04/21 Photo by Kohyuh
ヤエヤマブキ 花姿  男山 八幡市
2011/04/21 Photo by Kohyuh



写真A
A ヤエヤマブキ 葉姿 男山 八幡市 2011/04/21 Photo by Kohyuh
ヤエヤマブキ 葉姿  男山 八幡市
2011/04/21 Photo by Kohyuh




写真B
B ヤエヤマブキ 立ち姿 男山 八幡市 2011/04/21 Photo by Kohyuh
ヤエヤマブキ 立ち姿  男山 八幡市
2011/04/21 Photo by Kohyuh



 ヤエヤマブキ (八重山吹) *112 *124 更新日 2012/03/31
バラ科 Leguminosae
ヤマブキ属
 学名 Kerria japonica f. plena
 英名 Japanese rose/Kerria
 落葉低木
 花期: 4-5月

 【2011/04/30】
 今を盛りと咲き誇るこのヤエヤマブキは "和歌にも読まれた" とおり、実をつけることはないという。

 もう、植物は不思議がいっぱいだ。 私たち動物の理解を超えていることがなんと多いことか ・・・ このヤエヤマブキもそうだ。 実をつけないのに脈々と生き続けている。




八重の成り立ち
 ヤエヤマブキの花びら(花弁)のほとんどは、おしべが変化したものという。 それは生き残り戦略があっての変化ではなさそうだ。 むしろ逆で、実がならないという結果をもたらす。 それは、すべては突然変異だった。


 多くの生きものは、特に動物は、"思いあってこそ" ・・・ それが叶う方向へと変化を遂げてきたように考えることができる。

 それに対して、思うことも動くこともできない植物たちは、突然変異と自然淘汰という他力にすべて身を任せて ・・・ ただ、圧倒的な数量的規模の繁殖機会を持つことで ・・・ 動物では考えられないような多様な進化をしてきたように思う。

 cf. 発達進化論




 このような負の進化と思われたヤエヤマブキだが、大昔から生き延びてきているという現実が物語るところは、「多くの人に愛でられる」 という正の変化を遂げていた、というべきであろう。

 cf. 八重が好き
 cf. 有毒木の実の生き残り戦略




ヤマブキ(一重)の花
 ヤマブキ(一重)の花は、5枚の花弁の中央に無数のおしべと、よく見えないが中心部に 5-6本のめしべがある。 このように、ヤマブキ(一重)は有性生殖の機能が整っていて実を結ぶことができる。

  おしべ: 花糸の先に花粉が入っているやく がついている
  めしべ: 花糸は、おしべより太く、やく がないから棒状に見える



ヤエヤマブキの場合
 @ おしべがすべて花弁(花びら)化してしまう。 やく もないから花粉もない。
   写真@の無数の花びらは、本来の 5枚を除き、すべておしべが変化したものという。
 A 5-6本あるめしべも退化していて受精能力がない。



当然の疑問
 『実を結ばないものが、どうして命を繋ぐことができるのか?』 という問題だが ・・・

 @ 地下茎が延びて繁殖する
 A 人に愛でられる特性から、挿木、株分けなど、人の手をとおして育てられてきた。
   cf. 有毒木の実の生き残り戦略







学名の意味】 *112
Kerria スコットランドの植物学者ウィリアム・カー William Kerr に由来する。
このヤマブキ属は、本種のみの一属一種という
japonica 日本の
f. form の略: 品種名が次に来ることを表す
plena 花弁が)複数あること
cf. 学名の意味




英名の意味
Japanese/
Kerria
Japanese: 日本の
Kerria: ウィリアム・カー William Kerr 氏に因む
rose 【植】 バラ
パーソナル英和辞典より引用



【関連記事】
バラ科の仲間たち サムネイルで一覧表示












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2011/04/30 初版リリース











ヤエヤマブキ (八重山吹)  (Kerria japonica f. plena) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾