top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
石清水八幡宮 展望台付近 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ハナツクバネウツギ (花衝羽根空木)


写真@
@ ハナツクバネウツギ 花姿 神戸市 しあわせの村 2007/10/13 Photo by Kohyuh
ハナツクバネウツギ 花姿 神戸市 しあわせの村 2007/10/13 Photo by Kohyuh



写真A
A ハナツクバネウツギ 葉姿 神戸市 しあわせの村 2007/10/13 Photo by Kohyuh
ハナツクバネウツギ 葉姿 神戸市 しあわせの村
2007/10/13 Photo by Kohyuh



写真B
B ハナツクバネウツギ 立ち姿 神戸市 しあわせの村 2007/10/13 Photo by Kohyuh
ハナツクバネウツギ 立ち姿 神戸市 しあわせの村
2007/10/13 Photo by Kohyuh



 ハナツクバネウツギ (花衝羽根空木) *116 更新日 2012/03/31
スイカズラ科
ツクバネウツギ属
 学名 Abelia grandiflora
 英名 
 半落葉低木
 中国原産 園芸植物
 花期: 5-10月

【2007/10/23】
 公園などの植え込みによく見かけるが名前を知らなかった。 "ハナツクバネウツギ" とやけに長い名前である。

 しかし、面白いことに、長い名前ほど分りやすいという不思議な相関関係がある。






解説付きの命名
 例えば、「アメリカ・イヌ・ホオズキ」 にしても、「ヨウシュ・ヤマ・ゴボウ」 にしても、一つ一つ区切って説明してくれているのである。

 ここで、アメリカイヌホオズキのことを、例えば、落語ではないが 「ステレンキョウ」 と名づけてもいい筈である。 すなわち、命名者が短い名前にこだわった ・・・ といえば、それはそれで一理あろう。


 しかし、そうなると、受け継がれてきた 「ホオズキ」 の知識が生かされないことになる。 「ステレンキョウ」 は 「ホオズキ」 の仲間なんですよ、と説明されるまでわからないからだ。

 手間がかかるし、それに、名前の由来を知ろうと思えば、更に手間がかかる上に、必ずしも分かるとは限らない。 落語由来の駄洒落だったでは、命名者にとっても不名誉な話に違いない。



 要するに、この長い名前ほど分りやすいという相関関係は、植物に限らず、野鳥でも、考古学でも同じである。 「ツキノワ・テリ・ムク」 や 「三角縁・神獣・鏡」 など、セパレータが無ければ、何やらとっつき難い感じがするが、しかし、よく見れば解説付きの命名だと分かる。

 こういった命名の仕方は、外国産のものなど、古来から受け継がれてきた名前や愛称がなかったものに多い。 名前は少々長くなるが、わかりやすい命名方法を選んだのは賢明だった。

 cf.
命名の妙
 cf. スミレテリカッコウ
 cf. チャバネコウハシショウビン




三角縁神獣鏡 さんかくぶちしんじゅうきょう
 神獣鏡の一種。 縁の断面が三角形で、直径 20cmをこえる大型品が多い。
 日本の古墳から多数出土するが、中国や朝鮮半島からは 1面も出土していない。
 魏帝が卑弥呼に下賜した銅鏡百枚にあてる説があり、また、すべて日本製とする説もある。
 
by 広辞苑第六版より引用



神獣鏡 しんじゅうきょう
 神仙と霊獣の像を組み合わせた文様をもつ中国の鏡。 後漢から三国時代・六朝時代に作られた。 日本の古墳からも発見され、また、それにならった日本製もあるようだ。 平縁式と三角縁式とに大別される。
 by 広辞苑第六版より引用








ハナツクバネウツギの実
ハナツクバネウツギの実
Photo by Kohyuh
 このハナツクバネウツギは、「ハナ・ツクバネ・ウツギ」 であり、それぞれ ・・・

@ "ハナ" は、「花」 であり、"ツクバネウツギ" より花が美しいことに由来する。
A "ツクバネ" は、実の形が "追羽根 おいばね のはね" に似ていることに由来する。 cf. 写真右
B "ウツギ" は、木の姿が、"ウツギ" に似ていることに由来する。

 ということになる。










 それにしても、このハナツクバネウツギの実は、よく見ないと気が付かない。 新芽か若葉のようにみえる。

 それを一つ摘み取れば、確かに、子供の頃遊んだ "羽根つき" の "はね" のようだ。 ツクバネとは、なかなかの命名ではないか。







衝羽根 つくばね
@ 追羽根 おいばね のはね。 羽子。
A ビャクダン科の落葉低木。
 山地に自生し、根の一部は他の植物の根に寄生する。
  は高さ 1m余
 対生し、卵 形。 雌雄異株
 初夏淡緑色の小花を開く。
 秋に結実する 果実 には 4枚の翅状の苞 (ホウ) があって@に似て、塩蔵して料理の飾りに用いる。
 ハゴノキ、コギノコ
広辞苑第五版より引用


追羽根 おいばね
二人以上で一つの羽根を羽子板でつきあうこと。
女の子の新年の遊び
おいはご
羽根つき
広辞苑第五版より引用







学名の意味 *112
Abelia  
grandiflora
  



英名の意味
   
 



【関連記事】
スイカズラ科の仲間たち  












戻る






【履歴】
2012/03/31 ロゴ追加更新
2007/10/28
ハナツクバネウツギの実の写真追加
2007/10/23
初版リリース











ハナツクバネウツギ (花衝羽根空木) (Abelia grandiflora) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾