top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
ヒルガオ (昼顔)


写真@
ヒルガオ  八幡市 木津川 2007/08/25 Photo by Kohyuh
ヒルガオ  八幡市 木津川
2007/08/25 Photo by Kohyuh



 ヒルガオ (昼顔) *112 更新日 2012/04/02
ヒルガオ科 Convolvulaceae
ヒルガオ属
 学名 Calystegia japonica
 英名 
 多年草 つる(蔓)性
 花期: 6-8月
 

【2007/09/11】
 緑一色の木津川堤防に薄紅色の花はよく目立つ。 アサガオのような青系統の花はない。 それが野草というものである。 形質が固定されているものである。









ヒルガオの仲間の見分け方
名前  葉の形
ヒルガオ : 主部は幅が狭く細長い卵形
コヒリガオ : 主部が三角形で先がとがり短い
ハマヒルガオ : 腎心形
 ヒルガオの仲間には、コヒリガオハマヒルガオがあるが、見分け方は葉に注目すれば良いという。









昼顔 ひるがお
ヒルガオ科の蔓性多年草
原野に自生。 は他物にからむ。
夏、アサガオに似た小形で淡紅色の花が昼開いて夕刻しぼむ。
全体を乾して利尿剤とし、若芽は食用
【漢名】 旋花・鼓子花
 「広辞苑 第四版」 より引用






学名の意味】 *112
Calystegia 属名 "がく" + "ふた" で、2個の大きな包片ががくをおおっているため。
japonica 日本の
  






【関連記事】
ヒルガオ科の仲間たち サムネイルで一覧表示












戻る






【履歴】
2012/04/02 ロゴ追加更新
2007/09/11 初版リリース











ヒルガオ (昼顔) (Calystegia japonica) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾