top
八幡次郎好酉  
旅先の花と樹と
木津川(左)と宇治川(右)の合流部 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||植物関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
シロバナタンポポ (白花蒲公英)


写真@
@ シロバナタンポポ 花姿 桂川左岸 京都市 Photo by Kohyuh 2011/04/02
シロバナタンポポ 花姿
桂川左岸 京都市
Photo by Kohyuh 2011/04/02




写真A
A シロバナタンポポ 花姿 桂川左岸 京都市 Photo by Kohyuh 2011/04/02
シロバナタンポポ 花姿  桂川左岸 京都市
Photo by Kohyuh 2011/04/02



写真B
B シロバナタンポポ 綿毛(果実) 桂川左岸 京都市 Photo by Kohyuh 2011/04/02
シロバナタンポポ 綿毛(果実
桂川左岸 京都市
Photo by Kohyuh 2011/04/02



 シロバナタンポポ (白花蒲公英) *112 *124 更新日 2012/04/02
キク科 Compositae
タンポポ属
 学名 Taraxacum albidum
 英名 
 多年草
 花期: 4-5月
by Wikipedia

2011/04/04
 前回のイベント (2011/03/02) で桂川左岸の道を歩いていたとき、同行の人が 『珍しい! シロバナタンポポやわ』 という声を耳にした。 ・・・ 見れば白いタンポポみたいな花が咲いていた。

 それがずっと気になっていて、散歩のときなどに探してみるのだが見つからなかった。 確かにめずらしいものに違いない。





これも三現主義?
 こうなれば仕方がない、現場を再訪して見た。 すると面白いことに、その周辺でも、同じような条件に見えるのに、ごく限られた一部分にしか発見できなかったのである。 動物では、こういった局地性というのもある程度理解できるのだが ・・・ 植物となるとよくわからない。

 cf. 聖地とは何か


 タンポポといえば珍しいものでも何でもなかった筈なのに、セイヨウタンポポといった外来種が幅を利かせているという。

 風媒花の典型である綿毛を飛ばす仕組みは同じなのに、強い・弱いが生じるのはどういうことだろうか。 三現主義でいう "現場・現物・現実" を見なければ、机上だけではわからないだろう。




写真C 写真D
C シロバナタンポポ 葉姿 >Photo by Kohyuh 2011/04/02 D シロバナタンポポ 綿毛 総苞姿 Photo by Kohyuh 2011/04/02 
シロバナタンポポ 葉姿
Photo by Kohyuh
2011/04/02
 シロバナタンポポ (綿毛) 総苞姿
Photo by Kohyuh
2011/04/02

 を見ただけでシロバナタンポポの同定ができるようだ。 葉が白っぽい緑で、葉脈も白い。 *124

 総苞の形は、やや開出気味で、小角突起が目立つ。 *124






葉脈 ようみゃく
に分布する細いすじ。
から通じている維管束で、水分や養分の通路となる。 平行脈と網状脈とがある。


 cf. エノキの葉の特徴
広辞苑第六版から引用





総苞・総包 そうほう
の一種で、花序全体の基部を包むもの。 キク科植物の頭状花などに見られる。
広辞苑第六版から引用

















学名の意味】 *112
Taraxacum アラビア語で "苦い" を意味する。
albidum ???
  




英名の意味
???
 



【関連記事】
キク科の仲間たち サムネイルで一覧表示 
キク科の花 キク科の花の特徴












戻る






【履歴】
2012/04/02 ロゴ追加更新
2011/04/04 初版リリース











シロバナタンポポ (白花蒲公英) (Taraxacum albidum) - 旅先で出逢った花や樹木たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016  Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾